不遇なフグ

どうしてこんな

https://twitter.com/pufferspuku

夢 その2

10/18~10/25の夢ログ

 

10/18

見なかった 多分睡眠時間短かったから

でも見た気もするような…忘れているような…

 

10/19

今朝は目覚まし止めた覚えないぐらい寝ぼけてたから夢の内容あんまり覚えていない(昨日の疲れと精神のダメージが消えていない クソです)

多分小学校にいた 職員室前でうろうろしてた

石鹸が貴族の嗜みみたいになってて、校長とか金持ちの生徒が常に石鹸を持ち歩いてた 石鹸はティッシュボックスぐらいでかい

友達の家でつづらみたいな箱に入れられた

 

10/20

近所のショッピングセンター(というには古いし小さすぎる)で化粧品を買って使ったら肌荒れした なので謎のアドバイザーと共に再び高い化粧品を買い替えに行った 総額310万円使ったら褒められた お金がどこから出ていたかは知らない

その後露天風呂に入っている時に同期に悪い冗談を言われてムカついたので 「このこと先輩に言うからな」っと脅したら、「そういうのやめて」と言われたので「冗談や〜ん^^」と返してやった 良くないね

ちなみに現実では同期より先輩の方が信用出来ない

 

10/21

漫画の特装版を買った 表紙がオレンジっぽい 特装版限定のページが20ページあった

ゲームの新鮮グミ(検索避け)のキャラ3人が何らかの仕事代行の会社を設立しようとしていた 自分は「そんなお人好しな会社無理がある!」と言っていた

 

10/22

歯列矯正のことで親と喧嘩した

週1で田舎の施設で活動のメンバーと何らかの説明を聞かされることになっていた 施設の外は緑に囲まれていて、部屋の中は高校の大講義室っぽかった 全員説明を聞く気がなく自分はぼーっとしていてメンバーは雑談ばかりしていた

カバンが気に入らなくて毎週カバン屋さんでカバンを借りていた 申し訳ないしそろそろ買おうと思ったけどろくなカバンがなかった ペラペラの偽革カバンか小学校で買うドラゴンの裁縫セットみたいなものばかりだった

総じて時系列が謎だった 夢の中に数週間があるような感じ

 

10/23

高校の修学旅行っぽい旅行で知らない人達とグループ行動をしていた 別グループの男子のことを好きだと勝手に決めつけられて怒っていた

途中で大学の同期の大豪邸に100人ぐらいでお邪魔した 天井がめちゃくちゃ高かった かなり暗めの部屋だったけど上品さと豪華さがあった

 

10/24

見なかった… 多分朝が不安すぎた

 

10/25

午前0時 寝ぼけて出勤しようとする父親を止める 空が暗かったけど赤っぽかった

父親を止めている間に、通りかかった車に足を2回ぐらい轢かれた 轢かれても痛くないことに気付いていた どこかで「これ夢かも」と思っていたかもしれない

変な施設の人から間違えLINEが送られた

どうぶつの森の博物館の昆虫ゾーンのような場所を探検させられた

 

今週は内容をあまり覚えられなかった

全部のシーン微妙だけど強いて言うなら謎の施設で説明を聞いているとき 活動のメンバーにはイライラしていたけど場所は高校ぽくて安心していた 「夢」って感じだ

 

来週も書く いい夢見れたらいいね

 

 

夢 その1

10/10~10/17までの夢のログです

とあるフォロワーさんが夢の内容を定期的にツイートしていて「面白いな〜」と思ったので自分もやってみる(勝手に真似してすみません)

自分もたまに夢の内容ツイートするしそのノリでいく

 

 

10/10

祖母、弟、自分が京都の某寺っぽいところにいる

弟が祖母に連れて行かれ自分とはぐれるが、弟とは百科事典ばりにでかい魔導書?でコミュニケーションしていた 

画面っぽいけど材質は紙だから文字も打てるしペンで絵も描けた ペンのインクは紫 ちなみにLINEの提供するサービスでLINEと連動してた ウケる

弟がアニメっぽい女の子の絵を描いていてちょっと引いた 弟が"その手の者"とは知らなかった

次はそばやさんにいた(バ先じゃない)

祖母と知らない人数人とテーブルについていた 弟どこに消えた?

運ばれた時のそばの量が少なくて「なにこれ」っつったら祖母に「サブスクやから最初は少ないねんて!」って言われた おばあちゃんもサブスクって言葉使うんや

わんこそばっぽいけどそれより器でかいし具も入ってた 「そばにはわさび!」って決めてるのになぜか生姜を探していた バカ盛られた生姜を発見

 

 

10/11

寝れなかった+早起きのせいであまり覚えていない

自分の部屋(場所は同じ、現実よりでかい)にでかい水槽が3つ置かれ、そこでマスやイトウっぽい魚を飼っていた 「夢で見る魚と水槽は怖い」の法則が適用されていた

冬眠という名目で魚を水槽の中で氷漬けにしなければならなかったが、知らないうちに氷が溶けていて魚は泳ぎ出していた 魚に超睨まれて怖かった

母にそのことを報告したら「あ〜まあ今年はそのままでええわ」と言われた

あとはゴルフカートっぽい車でショッピングモール内の葬儀屋?のメイク室に突っ込んでた 謎

 

 

10/12

3、4回場面転換してて超疲れた

中高の同級生と近未来っぽい教室にいた

床にいつも飲んでいる薬を落として、高校のいけ好かねえ野球部の陽キャの薬と中学のいけ好かねえ性悪女子の薬と混ざってしまったけど、なんとか分けられた

次はカジノやゲーセンっぽい暗くてデカい建物で活動の入ブ式をした、なのに中学の後輩の演奏もそこで聴いた

その後その建物の中をうろちょろした すごくだるかった

次は家族で日本海を旅行していて、夕焼けの海沿いをドライブしていた

運河の閘門(単語調べた)が開かれて、海水が運河に流れ出て水量が増え、その上をカモメが一直線に飛んでいる光景がすごく綺麗だった

お土産を小さな店で選んだあとにスマホを見ると、高校の同級生からインスタのDMで長文のメッセージが来ていた

大学での、"ない"本番の、"ない"やる気のない挙動をいくつか挙げ(夢の中では「なんで大学違うのに知ってるの?」と思っていた)、「𓆡に活動をやる資格はない、幻滅した、良い奴だと思ってたのに」と書かれていた

それを読んで「そっか〜活動やる資格ねえな〜」と思い、親に活動を辞めることを伝えた

最後はゲームか夢の中での現実か分からんが推し(二次元)のアバターを作ってた 浴場っぽいとこにいた 推しは青いパーカーを着ていた気がする

 

 

10/13

あんまり覚えていない

最初に1本見たはずだけど忘れた

恋人がいた 同い年なのになんかの大臣の助手だった 仕事に行く時応援していた

中学の友達に 「恋人と魔女の宅急便一緒に見に行けば?」と言われたけど「ひとりで行くよ」と言った

工場っぽい施設で家にある細長めの皿を割った「どうしよー!お魚載せるやつやのにー!」って言ってた 魚以外も載せるやろ

「とがる」聴きながら防波堤っぽいとこ(海に面していて入り組んでいるコンクリのやつ)を散歩した 海は綺麗でも汚くもなかった

 

10/14

全然覚えていない

AKIRAみたいな夢 弟が5回ぐらい殺されたり地球滅亡しそうな力を持ったりした 地球滅亡しそうな力を持っていたのは弟じゃなかったかも

自分側に何人か仲間がいて、謎のシェルターに立てこもって作戦を立てていた気がする 壮大だったのに全然覚えてなくて悔しい

最後は場面変わってラーメン食べる前に卵見て「これ温玉と味玉どっち?」って親に聞いてた

 

 

10/15

家族でグランピングみたいなんしてた 風呂トイレが汚な過ぎて死にそうだった

(自分が夢で見るトイレと風呂、大体古いし汚いし広い そんでトイレと風呂が同じ場所にある 大体タイル貼り 壁なしユニットバス×10みたいな感じ)

XYZ寿司っていう青と黄色基調の機械っぽいでかい寿司屋に行った クソデカマグロ握ってもらった クイズ番組に出たか見てた そこにぺこぱいた

 

 

10/16

高校の運動会っぽい 建物は実在する高校に少しだけ似てたけどやっぱり違う 実在する後輩に嫌われてた というか自分が問題児扱いされるように仕向けられてた 「捨てといて」と言われたゴミをゴミ箱に捨てたらゴミ箱が燃えた

別のクラスに推し(二次元、この前も夢に出た人)がいた 推しが何してたかは忘れた

その後親が弁当買ってきてくれるから、家で某マンガのキャラと知らないボーイッシュな女の子と自分で待っていた マンガのキャラは「チキン南蛮がいいぜ〜」って言ってた 親は水路の横をありえんドライブテクニックで走って弁当屋に行ってた

 

 

10/17

全然極道っぽくないスーツの極道のおじさんと、全然極道っぽくない極道の高校生(性別忘れた)と他数人が色々解決する系のアニメかマンガの中にいた

自分は高校にいた 高校っていうより古いショッピングセンターっぽいところだった

推し(三次元)の女の子が同じクラスかグループだった 可愛かった 一緒にご飯食べた あと同じグループにファンデのムラがとてつもない人がいた

先生か生徒に仕事頼まれたけど内容は忘れた

 

 

以上 毎日夢見てた

今日なんて4時寝だったのに見れたの凄いな

今週のベストシーンは夕焼けの日本海をドライブするところ 

来週も覚えていたら書く

 

 

 

お散歩回想

前の記事から1ヶ月以上経ったし、課題も落ち着いてきたので久しぶりに書く 

とはいえネタが思いつかなかったので3月19日のお散歩について思い出しながら書いていく 

 

3月6日からコ□ナで活動が休みになってとても暇になっていたとき 

散歩① - 不遇なフグ

↑こんな感じでたまに散歩に行っていた 

 

3月19日は、自分の街の南側にローカルっぽい小さな路線があり、何となくそれに乗りたいと思った+母親に「そこの近くのスーパーのパン買ってきてや」とお使いを頼まれたのでお散歩を実行

 

昼食を食べて出発 少し遠いから自転車で行くことにした 

目的の路線の駅(以下B駅)が小さい駅で駐輪場があるか不安だったので、別の路線駅(以下A駅)の駐輪場に自転車を停めて、B駅までは歩くことにした 

 

家を出ると、春わね…って感じの空気 

家から半径1㎞圏内は歩き尽くして飽きているからスッと通過 

でかい駅のでかいショッピングモールから南は守備範囲外 徒歩や自転車ではなかなか行かない場所 ごてごてしている大通りが好きだ 治安が少し悪くなるのは置いといて 真っ直ぐ突き進む

 

A駅に到着 駅近くのおじさんが見張っている駐輪場はいっぱいだったので、少し遠くのカチャッとする(?)駐輪場に自転車を停めた 値段も高くないし良かった 

 

さあ!今から歩くぞ〜!

google先生に頼りつつ、ちょっと遠回りしたり別の路地に入ったりしてB駅を目指す

楽しそ〜 自分のことだけど

お散歩が楽しいと感じられたら君はもうお散歩の天才だ ナイスお散歩!

路地に入ると子供たちと父親が追いかけっこをしていた 通りに沿った小さな店はかわいかった 友達が通っている大学の隣を歩く時は何故か切なかった 駅に近づいてくると緑が多くなってきた

 

そんなこんなでB駅に到着

結局こうなってしまった でもいいや と思えました 自分のしょうもないミスは許せることに気付いた こんなプライベートなことでも猛省してたら脳が破裂してしまう 

 

身バレが怖いので特徴を書くのは少しにしておくが、B駅は今日乗る路線の始発駅であり、もう1つの路線の通過駅になっている 

今日乗る路線のホームはびっくりするほど小さい 改札も2つしかないしめちゃくちゃ広いな 大丈夫かこれ すり抜けられそう 

 

うーん…早く着きすぎてしまった…電車が来るまであと15分ある 

ホームのベンチで待つ 外だけど暖かいからよかった だんだん人が増えて、電車が来たときには10人ぐらいがホームにいた 

電車に乗ったあとも待ち時間が少しあった 「今電車に乗っている人達はこの路線を生活に利用しているのか 羨ましい」と思っていた 人もかなり乗ってきて1両30人ぐらいになった 多分

電車の中ではカネコアヤノの「グレープフルーツ」を聴くと決めていた 何となくイメージに合ってそうだったから 

 

そして電車が出発する 

 

ねむいなあ 昼過ぎの

各駅停車が ちょうどいい 

よだれを 垂らすころには 

花畑に 魚が 泳いでる

 

車窓から見えるマンション、学校、工場、空の全てが愛しかった 

あっという間に終点に到着 ぴったり曲が終わったくらい 

近くのスーパーでパンを買う 家の近所にあまりないスーパーで、母親は「ここのパン美味しいんよな〜」と言っている 自分はあまり覚えていなかったけど 電車から降りた

 

パンコーナーへ行く 桜パン!?美味しそう! 消費期限とにらめっこして慎重にパンを選択 

レジ横には抹茶のお菓子のコーナーがででーんとあった 誘惑に負けそうだったけど 「ダイエット中だ!すまん!」と思いながら通り過ぎた

自動レジのバーコードが全然反応しなくて焦っていたが何とか支払いを済ませた 

 

帰りの電車に乗る さっき乗った電車がまだ停まっている…!変な感じだ 

 帰りは何も曲を聴かず電車に乗った 少し眠かった 景色を見たり、「皆マスク付けとるな…」と考えたりしていた

 

 A駅に戻るまでは足がしんどかったけれど景色に集中したり曲を聴き回したりして耐えた 喉が渇いていたけど何も買わなかった 

 

駐輪場に到着 は〜命拾いしたぜ ごてごてした通りを駆け抜ける 爆チャリはいいね 但し周りに気を付けてやろう

 

最後には

と思ったそうで 

これについてはあまり覚えていない まあ楽しかったということで

 

また散歩したい 出来れば遠くの街で 目的もなくぷらぷら歩いて色々忘れていきたい

 

コンビニ

高校の時コンビニが大好きだった 

たまに行きつけのコンビニで昼ごはんを買っていた ファ三マのピーナッツコッペパンとハムチーズのサンドイッチ 美味しいよ 多分今もあると思うから是非買ってみてね 

帰りにSOYJOYとかハァミチキとか買って食べてた うめ〜よね 

駅前の口ーソンは高校生のたまり場だった

皆でアイスを食う 冬はおでんも食べた 最高の時間 雑誌の表紙や懸賞に推しを発見して騒いだりもした 

部活帰りにも引退後にもよく行ってた 冷やかしにも行ってた なんか安心する場所だった 

 

大学に入ってからはコンビニに沢山沢山お世話になってしまって大っ嫌いになった♪  

遅刻しそうなとき急いで昼ごはん買ったことを思い出したらお腹が痛くなる すぐ無くなるウィダ一インゼリーね… 

練習終わりに「お腹空いたから」って皆でアホみたいに甘いもん食うのも嫌になる 出費がエグいしめちゃくちゃ太ったから最悪 

ストレスからの病的な糖質依存 まあ7のかぼちゃプリンとチョコたい焼きは最高だが… 

同期によって好きだった人間とコンビニで二人きりにされたやつ…あれ別人じゃね?ってぐらいキモい記憶だぜ 当時の自分が可哀想 

大学のコンビニもお昼アホみたいに人がいたよなあ 永遠にレジ前で並んでいた…過ぎていく昼休み… 

オェ…  

もう甘いものに興味はないし、友達と思っていた人間も好きだった人間もただ憎い

もっと大事なことにお金を使いたい 

 

 

そういえば、少し前にブログを辞めてTwitterからもいなくなってしまった子が復活した夢を見た フォロワー同士だっただけだからおかえり〜とか言えなかったけど 

なんか寂しいので蝉が鳴くころに帰ってきてほしいな と思っている エゴだね 

 

以上! 

辞めさせて下さい

最近二次元も三次元もオタクやって課題も嫌々頑張って音楽沢山聴いてちょっと運動するという快適な生活を送ったら、活動という要素がこれから加わり全て潰れることを思い出して余計に苦しくなってしまった 

 

今は漠然とではなく具体的に活動を辞めることを考えている 

 

正式な届けを出さず公表もせず「逃げ」た先輩もいる 

その先輩(方)の話題が出ると周りは声色を変えて嘲笑う 

絶対に逃げるしかなかったんだな 

 

でも自分は、「学業優先の為」という事実と言い訳をして周りに無理やり理解させ、散々文句を言われようが、色んなことが無駄になろうが、借り物を全て返して、名簿や名札や靴箱から名前を消して、初めからいませんでした!と言わんばかりの状況にして去りたい 

「いないけどまだいる」というポジションは嫌だ 

 

昔の決意や努力や諦めたことや(高校までの)皆の応援を無駄にするのは怖い でもこれからの時間と人生が無駄になるのも心が削られるのも怖い 

どっちもどっちなんだよな 

 

 

 

もう分かりません 元から全部手遅れだったのかな 

助けてくれー

2019年4月19日

2019年4月19日 

 

大学に入学してもうすぐ2週間が経つ頃 

授業も始まった 少し前に入部届を出した もうどこにも戻れなくなってしまった  

編入ことを調べてもどうしようもなくなってしまったのでやめた ここで4年間過ごします ってね   

 

4月19日は金曜日。1、3、5限授業のちょっとめんどくさい日 

かつ入部して初めての"自主練日"まぁ…一応休みという感じ(数人は来ている)

あまりにも辛かったので自主練習には行かなかった 5限目が終わったから帰る 

 

自主練習にどれくらい人が来ているのか、本当は強制的な練習かどうかなんて何も分からなかったから、電車に乗りながら「本当に帰って良かったのかな…」と心臓をバクバクさせていた

 

途中で「やっぱり引き返すか!?」と思っていたけれど、そのまま帰ることにして最寄り駅に着いた 

 

最寄り駅から出た後は音楽を聴いていた 高校の最後の本番で演奏した曲 

最後の本番、本来はでっかい大会になるはずだったんだけど、私らの代はそこまで進めなくて、近所のお祭りが最後の本番になってしまった

悔しいし実感もなかったけれど、楽しく終われることが少しだけ嬉しかった 

 

音楽を聴きながら歩いていたら、お好み焼き屋さんの前を通った 

無理だった 完全にあの時  

小学校のグラウンドで演奏した記憶 出店からのソースの匂い それでしかなかった 

涙が溢れてどうしようもなかった 辛い 苦しい

人通りは少しあったけれど、気にする余裕もなく咽び泣いた 

落ち着くまでひたすら遠回りしながらずっとずっと泣いていた 

 

 

 

あの頃からもうすでにおしまいでした まだ気付き切れなかっただけで

初めから全部終わってたんです